2018/11/14

改装工事スタート

良い天気に恵まれ良い施工業者さんにも恵まれ、ワイワイと始まりましたぁ~

2018/11/13

明日から

いよいよ明日から工事が開始します。
生活感が出ちゃっていた
「台所を厨房に」
撤去完了。明日からよろしくです。

2018/11/11

のれん

遠州綿紬で作って頂いた、ハナレののれん。
徐々に店らしくなってきたかな…。

2018/11/10

のれん掛け

自家製のれん掛け。
お客様をお迎えする大切なのれんを掛ける木材をDIY。

2018/11/09

包丁

手荒に扱ってきてしまった柳刃を修理に出してピカピカになって戻ってきました。尚台さんありがとうございました。

黒檀の柄を朴木の蛤柄に換えて、研ぎ直し。これからは大切に使います。

2018/10/30

ハンコ

良いのが出来ました。
ワタナベカンパニー作。

2018/10/29

看板作り

お客様の為の案内看板作り。
お天気で良かった。

2018/10/27

本腰を…

やっと本腰を入れて行ける毎日になりました。
第一の目標の「まずは開業」を目指して、これから1ヶ月過ごします。

写真は私の、手打ちそばハナレの、生命線「辛かえし」。(冷たいお蕎麦の元ダレとなる蕎麦屋の造り醤油的なものです)

じっくり寝かし始めてます。

2018/10/06

手打ち場

着々と進むことは、簡単ではないですが、毎日1㎜でも前へ前へ。
来週は久しぶりの合羽橋。
最終の仕入れに出かけます。
懐かしいなぁ、合羽橋…。
写真はのし棒掛け。取りに行かなきゃ。

2018/09/30

ショップカード

オープンに向け準備中です。
写真は地図の下書き。

お客様に伝わるか…。

2018/09/20

新そば

今は開業準備中なので毎年恒例の新そばを打ちまくることは出来ていません。
早く打ってお客様に食べてもらいたい、それだけを糧に、今は辛抱。
打ててないのに、気持ちが落ちずにいられるのは、開業への想いがあるからなんだなと、つくづく思います。
少しずつ少しずつ進んでいます。
もうしばらくお待ち下さいませ。

2018/08/26

夜のハナレ

まだまだ暑い日が続きますね。。
皆様、残暑お見舞申し上げます。

こちらに来てから、夜がこんなに気持ちのいいものかと(越してきたのが夏のせいでもある)、身に染みて感じていることです。

秋の虫の音が今から楽しみです。

2018/08/13

客間

暑い日が続きますが、皆様お元気にお過ごしですか?

手打ちそば ハナレ、粛々と進んでおります。ゆっくりと見極めながら。


早くお客様をお迎えしたい。。

2018/08/03

ワタナベカンパニー作

頼んで良かった。と、改めて思いました。感謝。
ワクワクが加速しますが、堪えて慌てず1㎜ずつ、前へ前へ…。

2018/07/04

かね井詣

関西から出てしまうのでなかなかお伺いすることが出来なくなるのなら、かね井さんしかありません。

昔は、一茶庵 片倉康雄大先生の元へ修行に行くことを「足利詣」と言いました。
私の中でかね井さんに行くことはそれぐらいの想いがあります。

私たちの憧れであり目標とするお二人の姿を目に焼き付けました。

お話も少しすることが出来て、別れ際の店主の一言、笑顔でしたが重みのあるありがたい一言を頂きました。

「棘(いばら)の道へようこそ」

身の引き締まるお言葉を頂戴できたこと、忘れません。
立ち向かって負けずに進みたいと改めて思いました。

感謝。

2018/07/01

いよいよ

昨日で東京から大阪へとトータル7年間の勤務を終え、フリーの立場に人生で初めてなりました。
まだまだ実感は沸きません。7年ほぼ毎週土日に約500人前お蕎麦を打っていたので、沸くわけありません。
これからは、それの1/10の量になるのかと想像しています。
気持ちと技量をその、1/10に込める。逆に言えば10倍のうまさが求められる、とも考えています。
自分で自分にプレッシャーをかけ続けてお客様の心を掴んでいけるよう、楽しく笑顔で打てるように心がけて、とにかく真っ当な蕎麦屋になります。
細々とですがコシのある喉越し滑らかなうまい蕎麦のような人生を送るつもりです。
気持ちを引き締めなければ…。
これからもよろしくお願いいたします。

手打ちそば ハナレ 石井邦明

2018/06/24

ジブリ級

もうすぐホタルの季節。
新たなハナレで出会えます。

2018/06/17

あと10日。

いよいよリスタートまであと10日。
再出発の門出を自ら祝う為に、大好きな作家さんのひとり、馬渡新平さんのそば猪口をやっと購入出来ました。
同じ徳利持ってるからなぁ、薬味皿も欲しいなぁ。。